機能はイロイロ!あなたの職場に合わせて選ぶ

タイムカードに打刻するものからパソコンで集計できるものまで

働いている人が複数で、人によって残業があったりなかったりする場合、あるいはシフトがいくつかあって、日中に働く人もいれば夜間に働く人もいる職場の場合、タイムレコーダーの存在は重要です。タイムレコーダーがなければ、誰がいつ、どれぐらい働いたのかよくわからなくなってしまうので、給与計算ができなくなってしまうからです。
タイムレコーダーというと、昔からある代表的なものが、細長いタイムカードを入れて、現在の時刻を打刻するタイプのものです。出社時と退社時に打刻することで、何時間、働いていたのかわかります。
ただ、最近はパソコンにデータを取り入れられるもの、あるいは給与ソフトと連動して、自動で給与計算してくれるものなど、様々なタイプのものが出ているので、タイムカードに打刻するタイプのもの以外に、職場にあったものを幅広い候補の中から選べるようになっています。

社員数が少ない会社なら昔ながらのもので十分

では、職場に応じて、どのようなタイムレコーダーを選べばいいのでしょうか。まず、従業員の数が少なく、複雑なシフトもないというのであれば、昔ながらのタイムレコーダーで十分でしょう。もちろん、スペックの高いものを選んでもいいですが、そういったものは価格も高いので、コストが無駄になってしまうからです。
逆に、従業員の数が多く、いろいろな時間帯で働いている人がいるという場合、社員にICカードを持たせ、それを機械にタッチさせることで出社時間や退社時間を記録するタイプのものがいいでしょう。こうしたタイプのタイムレコーダーには勤怠管理ソフトが付属していて、社員別に労働時間、労働日数などを瞬時に集計することができるからです。基本的に、タイムレコーダーは社員数が多い会社ほど最新かつ高機能のものを選んだ方が使いやすいです。