ブラック企業と呼ばれないために

そもそもブラック企業とは?

「あそこはブラックだから」、「入ってみたらブラック企業だった」という言葉が飛び交う現代、「ブラック企業」は日常用語となっています。
そもそもは、暴力団関係など、反社会的な団体との関係を持ち続けている企業を指します。
しかし、現代の若者の多くは「過重労働」、「違法労働」というニュアンスで使うことがほとんどです。

では、みなさんの職場はいかがでしょうか?
社員ひとりひとりの勤怠管理は行き届いていますか?

一見、面倒のような勤怠管理は、実は、あるものの導入によって簡単に、正確に管理できるようになります。

それは、「タイムレコーダー」です。

では、タイムレコーダーがどのようなものかメリットを含めて解説していきます。

正確に記録することが大切!

タイムレコーダーは、社員が何時に出社し、何時に退社したか記録することができます。
よく聞く「タイムカードを押す」だけでできてしまいます。
ひとりひとりが自分のタイムカードを押せば、それだけで勤怠管理ができてしまいます。
タイムカードを押した時にタイムレコーダーが自動で時間を印刷してくれるので、不正な時間記入も防ぐことができます。

自分でタイムカードを押すことで、出社時間に自覚的になり、早すぎたな、遅刻ギリギリだったな……など自分の特徴を把握することができるのも特徴です。
また、退社時には、定時で帰れた!と改めて実感できたり、「自分が働いた時間をしっかり認めてくれる会社」と印象づけることが出来ます。
そうすれば、「ブラック企業」だなんて、呼びたくても呼べないですよね。