クラウドと連動!データ管理がより便利に

複雑な勤怠管理が容易に

勤怠管理は複雑な処理です。雇用形態も正社員や派遣社員、アルバイトがあり、勤務形態もフレックス変形労働制や裁量労働制、変形労働制などがあります。それぞれに就業規則が違い、対応した勤怠管理が必要です。打刻形態も、本人が打刻、代理打刻、webによる打刻など多様です。有給など休日の管理、残業の計算など計算も複雑多岐にわたります。
また、就業規則や労働基準法に即した労働時間のチェック機能などが必要になります。勤怠データを経営判断に利用する場面も多々あります。このように勤怠管理は複雑で、社員数が増えた場合など紙によるタイムレコードの集計は困難で間違いが多く、そのためクラウド連携型の勤怠管理が注目を集めています。

クラウド連携型のメリット

注目を集めているクラウド連携型の勤怠システムは、複雑な雇用形態や勤務形態などにあらかじめテンプレートが用意されていて、そのテンプレートを修正することで複雑な処理を簡易化します。残業時間、有休の計算などは、日々の打刻から自動的に計算されます。打刻形態も複数用意されています。打刻から給与計算まで自動的に計算が行われるクラウド連携型システムが特徴です。 また、労働時間が、就業規則や労働基準法で定められている時間を超える場合などアラート機能が用意されいています。経営判断に勤務データを利用したい場合には、グラフなどで可視化する機能も備えています。社員数の増加などにもスケーラブルに対応できます。 このようなメリットがクラウド連携型の特徴で、注目を集めている理由です。